カテゴリー
ブログランキング参加中

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村登録しています!


旅館・ホテルランキング
人気ブログランキングも登録しています!

ブログ購読

メールアドレスを登録いただくと、本ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。

無料で利用できますのでぜひお気軽にご登録ください!


 

※登録ボタンを押すとすぐに確認メールが届きます。もし確認メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられていないかお手数ですがご確認をお願い致します。

楽天トラベル・じゃらん・一休クーポン配布中! 最新情報はこちら

【2022年4月】マリオットボンヴォイアメックスカードの特典を徹底解説【今なら新規入会キャンペーンで最大180000ポイント獲得!】

旅行好きな方におすすめのクレジットカード、Marriott Bonvoyアメックスカードについて本記事でご紹介します。

Marriott BonvoyアメックスカードはSPGアメックスカードの後身のカードとして2022年2月に公式よりアナウンスがありました。

Marriott Bonvoyアメックスカードには通常カードとプレミアムカードの2種類があるため、本記事では通常カードとプレミアムカードの特典のまとめや各カードのメリット、さらにポイントが貰える新規入会キャンペーンについて解説していきます。

それではさっそく見ていきましょう!

目次

スポンサーリンク

マリオットボンヴォイアメックス通常カードとプレミアムカードの内容・特典まとめ

マリオットボンヴォイアメックスカードにはMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード(通常カード)Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアムカード(プレミアムカード)の2種類があります。

通常カードとプレミアムカードの主な内容・特典のまとめは以下のとおりです。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアムカード
年会費(基本カード)23100円49500円
年会費(家族カード)1枚目無料/2枚目以降11550円1枚目無料/2枚目以降24750円
ポイント還元(日々の利用)100円=2Marriott Bonvoyポイント100円=3Marriott Bonvoyポイント
ポイント還元(Marriott Bonvoy参加ホテルでの利⽤)100円=4Marriott Bonvoyポイント100円=6Marriott Bonvoyポイント
自動付与のステータスシルバーエリート会員資格ゴールドエリート会員資格
カード利用金額達成で付与されるステータス年間100万円以上利用でゴールドエリート会員資格年間400万円以上利用でプラチナエリート会員資格
カード継続時の宿泊特典(条件付き)年間150万円以上利用で35,000ポイント年間150万円以上利用で50,000ポイント
カード継続時の宿泊実績付与515

プレミアムカードの特典のメリット

ゴールドエリート会員資格が自動付与

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアムカードのメリットとして、入会後特に利用条件がなく自動でゴールドエリート会員資格が付与されることが挙げられます。

ゴールドエリート会員の特典として以下があります。

  • 滞在ごとに25%のボーナスポイント
  • より望ましい客室へのアップグレード
  • 午後2時までのレイトチェックアウト
  • ウェルカムギフトとしてポイント(250ポイントまたは500ポイント)を進呈
  • 無料の客室内高速インターネット
  • 会員限定料金の適用
  • 完全予約保証

客室アップグレードやレイトチェックアウトの特典を受けることができるのは嬉しいですね。

利用条件達成でプラチナエリート会員資格付与

年間400万円以上のカード利用達成でプラチナエリート会員資格が付与されます。

以前はマリオットのプラチナエリート会員資格になるためには、年間50泊の宿泊実績が必要でしたが、Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアムカードの場合カード利用のみで達成できる条件となりました。

プラチナエリート会員特典は以下となります。

  • 滞在ごとに50%のボーナスポイント
  • より望ましい客室へのアップグレード(スイート含む)
  • 午後4時までのレイトチェックアウト
  • ウェルカムギフトの選択(ポイント・無料朝食・アメニティ)
  • ラウンジへのアクセス(ラウンジの朝食利用含む)
  • 無料の客室内高速インターネット
  • 会員限定料金の適用
  • 完全予約保証

プラチナエリートになると、レイトチェックアウトの時間やボーナスポイントの付与がゴールドエリートの特典よりも更に良くなっています。それに加えて、ラウンジへのフルアクセス特典があるのが魅力的ですね。

利用条件達成でカード継続時に宿泊特典として50000ポイント付与

カード継続時に、年間150万円以上利用達成で宿泊特典として50000ポイントが付与されます。

Marriott Bonvoyではホテルのカテゴリーとシーズンごとに宿泊に必要なポイントが決まっていて、以下のとおりとなります。

カテゴリーオフピークスタンダートピーク
15000750010000
2100001250015000
3150001750020000
4200002500030000
5300003500040000
6400005000060000
7500006000070000
87000085000100000

プレミアムカードで継続特典として付与される50000ポイントでオフピークのシーズンならカテゴリー7のホテルに宿泊が可能です。

また、プレミアムカードを発行した方であれば最大65,000ポイントのホテルまで無料宿泊が可能になるため、
ピークシーズンのカテゴリー6、スタンダードシーズンのカテゴリー7のホテルまで宿泊が可能です。

各カテゴリーのホテルは以下となります。

  • カテゴリー4
    • フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港
    • コートヤード・バイ・マリオット白馬
    • モクシー大阪本町
    • モクシー大阪新梅田
    • 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
    • シェラトン・グランデ・オーシャンリゾート
  • カテゴリー5
    • ウェスティンホテル仙台
    • シェラトン都ホテル東京
    • モクシー東京錦糸町
    • コートヤード銀座東武ホテル
    • ACホテル東京銀座
    • アロフト東京銀座
    • 横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ
    • 富士マリオットホテル山中湖
    • 伊豆マリオットホテル修善寺
    • 名古屋マリオットアソシエホテル
    • 琵琶湖マリオットホテル
    • 南紀白浜マリオットホテル
    • モクシー京都二条
    • シェラトン都ホテル大阪
    • コートヤード新大阪ステーション
    • コートヤード ・バイ・マリオット 大阪本町
    • 神戸ベイシェラトン ホテル&タワーズ
    • ルネッサンス鳴門リゾート
  • カテゴリー6
    • シェラトン北海道キロロリゾート
    • キロロ トリビュートポートフォリオホテル 北海道
    • コートヤード東京ステーション
    • ザ・プリンス さくらタワー東京、オートグラフコレクション
    • 東京マリオットホテル
    • 軽井沢マリオットホテル
    • ウェスティン都ホテル京都
    • HIYORIチャプター京都 トリビュートポートフォリオホテル
    • ウェスティンホテル大阪
    • W大阪
    • 大阪マリオット都ホテル
    • JWマリオット・ホテル奈良
    • シェラトングランドホテル広島
  • カテゴリー7
    • ウェスティン ルスツリゾート
    • ザ・リッツ・カールトン日光
    • メズム東京、オートグラフ コレクション
    • ウェスティンホテル東京
    • シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル
    • ザ・リッツ・カールトン大阪
    • セントレジス 大阪
    • ルネッサンス沖縄リゾート
    • シェラトン沖縄サンマリーナリゾート
  • カテゴリー8
    • ザ・リッツ・カールトン東京
    • 東京エディション虎ノ門
    • ザ・プリンスギャラリー ラグジュアリーコレクションホテル東京紀尾井町
    • ザ・リッツ・カールトン京都
    • 翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都
    • HOTEL THE MITSUI KYOTO ラグジュアリーコレクション&スパ
    • ザ・リッツ・カールトン沖縄
    • イラフSUIラグジュアリーコレクションホテル沖縄宮古

通常カードの特典メリット

シルバーエリート会員資格が自動付与

プレミアムカードは入会時に自動でゴールドエリート会員資格が付与されますが、通常カードの場合はシルバーエリート会員資格が自動で付与されます。

シルバーエリート会員資格については以下となります。

  • 滞在ごとに10%のボーナスポイント
  • 優先レイトチェックアウト(空室状況により利用できない場合あり)
  • 無料Wi-Fi
  • 会員限定料金の適用
  • 完全予約保証

利用条件達成でゴールドエリート会員資格付与

年間100万円以上のカード利用達成でゴールドエリート会員資格が付与されます。

ゴールドエリート会員の特典については上記にまとめているので合わせてご覧ください。

利用条件達成でカード継続時に宿泊特典として35000ポイント付与

カード継続時に、年間150万円以上利用達成で宿泊特典として35000ポイントが付与されます。

35000ポイントで宿泊できるホテルのカテゴリーについては上記でまとめていますが、スタンダートシーズンのときにカテゴリー5のホテルに宿泊できます。

各カテゴリーのホテルについては同じく上記でまとめていますが、カテゴリー5のシェラトン都ホテルや、横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ等に宿泊できるのは良いメリットなのではないでしょうか。

期間限定で今なら新規入会時に合計180000ポイント獲得キャンペーン実施中

今なら2022年4月25日までの新規入会で最大180000ポイント獲得できるキャンペーンが実施中です。

ここでは本キャンペーンについて詳しくご紹介します!

※本キャンペーンはSPGアメックスカードに入会歴のある方は対象外になります。

プレミアムカード入会キャンペーン

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアムカードの新規入会キャンペーンは最大合計180000ポイントが獲得可能です。

ポイントの内訳とは以下となります。

利用条件Marriott Bonvoyポイント
入会後3ヶ月以内に30万円のカード利用30000
入会後3ヶ月以内に75万円のカード利用30000
入会後6ヶ月以内に150万円のカード利用75000
150万円のカード利用時に付与される通常ポイント45000
合計180000

キャンペーン参加方法は、アメックス公式サイトからカード発行の申し込みをするだけです。カードが発行できれば、あとは上記の利用条件を満たすことによってポイントを獲得できます。

※お申し込みには事前にMarriott Bonvoy会員番号が必要です。

通常カード入会キャンペーン

プレミアムカードの新規入会キャンペーンは合計180000ポイントが獲得可能ですが、通常カードとなるMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードでも新規入会キャンペーンを実施していて、最大合計60000ポイントが獲得可能です。

ポイントの内訳とは以下となります。

利用条件Marriott Bonvoyポイント
入会後3ヶ月以内に30万円のカード利用10000
入会後3ヶ月以内に45万円のカード利用15000
入会後6ヶ月以内に75万円のカード利用20000
75万円のカード利用時に付与される通常ポイント15000
合計60000

キャンペーン参加方法は、プレミアムカードと同様、アメックス公式サイトからカード発行の申し込みをするだけです。カードが発行できれば、あとは上記の利用条件を満たすことによってポイントを獲得できます。

※お申し込みには事前にMarriott Bonvoy会員番号が必要です。

まとめ

本記事ではSPGアメックスの後身カードとなる、Marriott Bonvoyアメックスカードの通常カードとプレミアムカードそれぞれの特典とお得な新規入会キャンペーンについて解説してきました。

Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・プレミアムカードは年間400万のカード利用条件が達成可能な方であれば、プラチナエリート会員資格が付与されることから、ラウンジのアクセス権や、無料朝食特典等プラチナエリート特典を受けられるため、おすすめです。

一方、年間400万のカード利用が難しい方でも、マリオット系列のホテル宿泊を利用される方なら、通常カードとなるMarriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カードを持つことを選択肢として検討するのも良いのではないでしょうか。

通常カード発行でも、シルバーエリート会員資格が自動で付与され、さらに年間100万のカード利用条件達成でゴールドエリート会員資格が付与されるのでゴールドエリート特典を受けることができるためです。

本記事が皆様の参考になれば幸いです。

コアライフトラベルをご覧いただきありがとうございました。

ブログ購読

メールアドレスを登録いただくと、本ブログの更新情報をメールで受け取ることができます。

無料で利用できますのでぜひお気軽にご登録ください!


 

※登録ボタンを押すとすぐに確認メールが届きます。もし確認メールが届かない場合は、迷惑メールフォルダに振り分けられていないかお手数ですがご確認をお願い致します。

スポンサーリンク

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる