積立NISAって何?一般NISAとの違いも合わせて徹底解説

お金

社会人になったら資産形成のために積立NISAをとりあえず始めた方がいいって言われたことあるけど、そもそも積立NISAって何だろ…

積立NISAは資産形成のためにすることなのはわかるけど、本当に安全で騙されたりしないのかな…

そのように思っている方はいませんか?

フユ
フユ

積立NISAって聞いたことあるけど何だろ…美味しいのかな…

コアラ課長
コアラ課長

最初に言っとくけど食べ物ではないよ!これからコアラ課長と学んでいこう!

積立NISAを初めて聞いた方にとっては何それって感じだと思います。また、積立NISAが資産形成にメリットがあることをざっくり知っている方としても難しそうでよくわからないですよね。

今回はそのような方に向けて、積立NISAについて1から丁寧にご紹介したいと思います!

コアラ課長
コアラ課長

わかりやすく丁寧に説明していくので是非最後まで見てみてね!

スポンサーリンク

積立NISAとは

まずは、そもそも積立NISAとは何かということからお話ししていきたいと思います。

つみたてNISAとは、特に少額からの長期・積立・分散投資を支援するための非課税制度です。

つみたてNISAの対象商品は、手数料が低水準、頻繁に分配金が支払われないなど、長期・積立・分散投資に適した公募株式投資信託と上場株式投資信託(ETF)に限定されており、投資初心者をはじめ幅広い年代の方にとって利用しやすい仕組みとなっています。

金融庁ホームページより

積立NISAは簡単に言うと資産形成の支援を目的にした投資の非課税制度のことです。

通常、株や投資信託の利益に対して20.315%の税金が課せられます。

しかし、この積立NISAを利用したら毎年40万円を上限として投資信託が購入できます。そして投資信託を購入した年から20年間の利益が非課税となります。

非課税で保有できる投資総額は最大800万円(40万/年×20年間)です。

引用元:金融庁ホームページ
フユ
フユ

積立NISAって20年間も非課税で運用できるんだ!けど投資信託って何か危なそう…ぼったくられたりしないかな…

コアラ課長
コアラ課長

その心配はいらないよ!積立NISAの対象となる投資信託の商品は金融庁の定めた「長期・積立・分散投資」に適した一定の基準をクリアした商品しかないから安全に運用できるよ。

コアラ課長の言う通り、積立NISAの対象となる投資信託の商品は、 金融庁の定めた「長期・積立・分散投資」に適した一定の基準をクリアした商品のみとなります。

国が推奨している商品しかないので、大損をする心配はありません。

フユ
フユ

国が認めた商品しかないなら安全に積立NISAを始められそう!

一般NISAとの違い

フユ
フユ

積立NISAに興味が出てきたからちょっと調べてみたら、一般NISAっていう制度もあったんだけど違いって何かな?

積立NISAに詳しくなった方は、一般NISAというワードも知るはずです。

そこで疑問に思うのが一般NISAと積立NISAの違いって何?ということだと思います。

ここでは一般NISAとの違いを見ていきましょう。

一般NISA積立NISA
運用方法通常買い付け・積立積立のみ
対象商品株式・投資信託所定の投資信託のみ
非課税投資額上限/年120万円40万円
非課税期間5年間20年間

一般NISAに関しても、積立NISAと同様、 資産形成の支援を目的にした投資の非課税制度となります。

ただ、積立NISAの非課税期間が20年間に対し、一般NISAの非課税期間は5年となります。

フユ
フユ

えええ、積立NISAの方がお得じゃん…

コアラ課長
コアラ課長

まあまあ、早まらないで最後まで説明を聞いて!

一方、非課税投資額については積立NISAの上限が年間40万に対し、一般NISAでは年間120万となります。

よって一般NISAで非課税で保有できる投資総額は最大600万円(120万/年×5年間)です。

積立NISAの場合は最大800万円(40万/年×20年間) のため、単純計算だと積立NISAの方がお得になります。

また、非課税で運用できる投資額以外に、投資対象商品にも違いがあります。

積立NISAは所定の投資信託のみ対象でしたが、一般NISAの場合は株式・投資信託どちらも自由に通常買い付けもしくは積立をすることができます。

株や投資信託の知識があって、個別銘柄で利益を上げたい人や配当金を得たい人にとっては一般NISAの方が向いていますね。

フユ
フユ

なるほど。積立NISAと一般NISAはどちらがお得かは人によって違うんだね!自分がどちらに向いているか始める前に見極めた方がよさそう!

積立NISAと一般NISAどっちがおすすめ?

ここまで積立NISAと一般NISAそれぞれの概要についてご説明してきましたが、積立NISAと一般NISAどちらをするべきか悩まれる方もいると思います。そのような方に向けて、ここではどちらがおすすめかご説明します。

積立NISAはこんな人におすすめ
  • 投資初心者の方
  • 長期的に運用したい方

投資初心者の方には圧倒的に積立NISAを推奨します。なぜなら、投資対象商品が限定されているので、銘柄選定に困らないことや、短期で売買する必要がなく、長期的にほったらかしで運用できるためです。これらの理由で投資初心者の方には積立NISAがおすすめです。

一般NISAはこんな人におすすめ
  • 一度にまとめて購入したい方
  • 大きい金額を運用したい方
  • 投資上級者で個別銘柄を運用したい方

一方で一般NISAは非課税投資額の年間上限額が120万円と積立NISAに比べて多いため、大きい金額で運用できることが強みです。そのため、一度にまとめて購入したい方や、個別銘柄を運用したい投資上級者の方に向いています。

まとめ

本記事では積立NISAの概要から一般NISAとの違いも合わせて解説しました。

初心者の方には一般NISAよりも積立NISAがおすすめです。

積立NISAは将来を見据えた資産形成のために今からでもやっておきたいことの一つですね。

積立NISAに興味が湧いた方や、これから始めて見よう!と思った方に向けて、次のSTEPとして実際に積立NISAの始め方をまた別の記事でご紹介する予定です!

コアラ課長
コアラ課長

ここまで理解できたらこのまま積立NISAを始めてみよう!

コアライフブログをご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました