【一人暮らし】【激狭キッチンの水切りの正解は?】ニトリのシンク上水切りラックを2年使った感想

ライフハック

一人暮らしのキッチンは狭いことが多いですよね。

私のキッチンもとても狭く、いろいろなことに悩まされています。
(シンクの大きさ:横幅29cm、作業スペースの大きさ:横幅21cm)

その中でも特に、水切り方法について迷いました。
今回は、ズボラでめんどくさがりな20代OLが悩んだ結果行き着いたおすすめの水切り方法と、
ニトリのシンク上水切りラックについてご紹介します。

スポンサーリンク

有名な水切り方法

すぐにふきんで拭いて水切りを使わない

まずは、そもそも水切りを置かないという方法です。

一人暮らしの皿洗いの量であれば、拭くのも手間でないのではないか、
水切り用のスペースを確保する必要がない、ということです。

しかし、めんどくさがりな私にとっては難しい方法でした。

すでに皿洗いで気力を使っているのに、そこからさらにお皿を拭く…
皿洗いまでしなくなりそうなので却下になりました。

さらに、皿を拭くふきんの管理もする必要があるので手間が増えると思い、却下しました。

水切りマットを置く

続いて、インスタなどでよく見る水切りマットを使う方法です。

この方法だと、使わないときには丸めてコンパクトにすることができます。

有名なのは下記のマットです。
自然乾燥するし洗濯できるし、おすすめらしいです。

しかし、この方法もめんどくさがりな私にとっては難しい方法でした。

マットの管理を考えるとめんどくさいなと思いました。
乾かさなきゃ、洗濯しなきゃ…と考えることが嫌でした。

さらに、水切りマットだけで作業スペースが埋まってしまいます。
皿洗いした後に作業したくなった時に、できなくなってしまう、と考えて却下しました。

水切りかごを置く

一般的な方法ですが、水切りかごを置く方法です。

一人暮らし向けのスリムな水切りかごもあるそうです。

しかし、私のキッチンは本当に狭いので、作業スペースに置いた場合、
他に何もできなくなるので、却下です。

さらに、下にある水受けの管理をする必要があります。
最近では、水受けに傾斜がついていて勝手に水が流れていく、というものもありますが、
それでも数カ月に一回は洗わなければいけないのだろうなと思います。

たためる水切りを置く

こちらもよく目にすることがあると思います。

こちらであれば、使用しないときは折りたためるし、
シンクの上にかければ、水受けがいらないため管理する必要がありません。

下記のような水切りです。

しかし、私のキッチンには合いませんでした。

理由は、シンクが狭いため、水切りだけでシンクが埋まってしまうということです。

シンクを使う時だけ横にずらせばいいのでは、と思うのですが、
割れやすい皿がのっているものを毎回ずらすのは、落としそうで怖いです…

シンク上の水切りラックを置く

私はこの方法にしました。

上の部分を利用することで、スペースを効率的に使えることと、
シンクに水が垂れることで、水受けを排除することができます。

私が購入したものは以下です。

この方法は激狭キッチンに住むめんどくさがりOLにとって、とてもいい方法なので、
詳しく説明します。

おすすめの水切り方法

シンク上水切りラックの種類

シンク上ラックは、作業スペースに置く水切りかごほど種類はありません。
私が探すことができた範囲で水切りラックをご紹介します。

金属加工で有名な燕三条で作られた水切りラックです。
包丁差しやまな板立て、箸立てなどの付属品がついているので、
たくさんの食器を収納できます。

スタイリッシュかつ便利な雑貨で人気な、山崎実業のtowerにもあります。
ラックと水切りカゴが別々に購入します。
自分のライフスタイルによってカスタマイズすることができるので、自由度が高いです!

最後に、ニトリの水切りラックを紹介します。

こちらの水切りラックにも最小限の水切りかごがついているだけなので、
別売りの付属品を購入すると自分好みにカスタマイズすることができます。

私はこちらを購入したので、次からはこの商品についてご紹介します。

ニトリの「伸縮シンク上ラック」について

いいところ

他のシンク上水切りラックと比べていいところをご紹介します。

  • 値段が安い

他の商品は6000円以上しますが、こちらは2000円で購入できます。
これくらいの値段であればお試しで使うこともできます。

  • 自由度が高い

付属品がついていないので、自分が必要なものだけ買い足すことができます。
付属品は下記があります。価格帯は418円~1046円です。

出典:ニトリ公式ホームページ
  • さびない

濡れたものを置くので購入前はさびが気になりましたが、
2年使っている現在、さびは発生していません。

  • ぐらつくことがなく、安定している

足元に吸盤がついているため、細いステンレスでもぐらつきません。

  • 伸縮する

58~101cmの範囲で伸縮するので、自分のキッチンに合わせて使用することができます。

悪いところ

  • 生活感が出てしまう

しまうことができないので、常に生活感が出てしまいます。
また、ニトリのラックはシルバーなので、
キッチンによってはtowerのホワイトやブラックを選択したほうがおしゃれになるかもしれません。

私の使い方

最後に私の使い方をご紹介します。

私のキッチンスペックは以下です。
シンクの大きさ:横幅29cm、作業スペースの大きさ:横幅21cm

私のキッチンには、最も縮めた状態でぎりぎり収まっています。
一人暮らしの小さいキッチンでも使用できます。

また、食器洗い用スポンジを収納するためのバスケットと、
調理器具を引っかける用のS字フックを購入しました。
ここでおすすめなのが、公式の付属品ではなく100円均一で購入することです。
例えば公式の付属品でスポンジラックは508円ですが、
似たようなものが100円均一で販売されています。

付属品を購入しないで収納できる食器は以下です。

  • 深めの平皿×2
  • スープ皿×2
  • 小さめのタッパー×2
  • 箸×2
  • 調理器具×1
  • 直径20cmの鍋×1

実際に収納すると以下のような雰囲気になります。

正面から見た場合
鍋を撤去して横から見た場合

付属品なしでも、2人分くらいの食器を収納できます。

まとめ

いかがでしたか。
本記事では、狭いキッチンでの水切り方法と、
ニトリのシンク上水切りラックを2年使った感想をご紹介しました。

狭いキッチンの場合、快適に過ごすためには様々な工夫が必要になると思います。
本記事が皆様のQOLが上がる参考になれば幸いです。

KOALIFEBLOGをご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました