買ってよかった!一人暮らしOLがBRUNOハンドブレンダーを使った感想

ライフハック
この記事でわかること
  • ハンドブレンダーがおすすめな理由
  • ハンドブレンダーのおすすめな使い方

皆さんはハンドブレンダーを使っていますでしょうか。

私は先日ハンドブレンダーを購入して生活が変わりました。

今回は購入したハンドブレンダーのおすすめな理由を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

購入した商品について

私が購入したのは下記リンクのBRUNOマルチスティックブレンダーです。

<

シンプルな部屋にも合う色が取り揃えられており、とてもかわいいです。

機能

この商品には以下の3種類のアタッチメントがついています。

  • ブレンダー
  • チョッパー
  • ホイッパー

性能

BRUNOマルチスティックブレンダーのスペックについて紹介します。

撹拌性能

一般的に、ハンドブレンダーは消費電力300W以上・回転数10,000/分以上ならパワフルと言われています。

BRUNOマルチスティックブレンダーの場合、消費電力が200W
回転数は、15,500/分です。

消費電力が少ないですが、回転数が多いので十分パワフルです!

ブレードの素材

ブレードとは、ブレンダーのかさの部分です。

プラスチック製のものもありますが、BRUNOマルチスティックブレンダーの場合、ステンレス製です。

そのため、キズ・臭い移り・色移りの心配がなく、熱にも強いのでフライパンや鍋にそのまま入れて使えます!(テフロン加工されているフライパンに対しては、テフロンが剥がれないように、触れないようにする必要があります。)

連続稼働時間

ハンドブレンダーは、高速回転による負荷や温度上昇を防ぐために、一度に連続して使える時間が決まっています。この時間のことを連続稼働時間といいます。

BRUNOマルチスティックブレンダーの場合、連続稼働時間は3分、そのあとは30分休止させる必要があります。

根菜類でも1分稼働させるとなめらかになるので支障はないと思います!

操作性

重さは、本体+ブレンダースティックで570gです。
890gもあるメーカーもあるので、十分操作できる重さです。

また、くびれがついており、持ち手の直径が約6cmなので、持ちやすく、スイッチ操作をしながら握って料理できます。

手入れ方法

付属品としてクリーニングブラシがついているので、刃や細かい部分を手を使わずに洗うことができます。

注意点

ここまでいい点を紹介してきましたが、注意点もあるので紹介します。

  • 電子レンジ・オーブン・食洗器・冷凍庫が使えない

部品全て使えないので注意してください。

  • チョッパーで底にある野菜がみじん切りされない

底に薄い野菜(スライスした玉ねぎとか)があると、いくらチョッパーを回しても空回りしてしまいみじん切りされません。

  • 鍋に直接ブレンダーを入れて使用すると飛び散る

ブレンダーを使用する際には、付属のブレンダーカップに移して使用しています。

おすすめな使い方

最後にアタッチメント毎のおすすめな使用方法をご紹介します。

ブレンダー

  • ポタージュ

好きな野菜と玉ねぎを炒めてから、
水、牛乳、コンソメを加えてブレンダーで混ぜるとおいしいポタージュができます!
オーソドックスなコーンやジャガイモはもちろん、
ホウレンソウなどでもおいしいポタージュを作ることができます!

  • 離乳食

私はまだ作ったことがないのですが、材料を入れてブレンダーで潰すだけで簡単にできるそうです。

  • ドレッシング

材料を入れてブレンダーで混ぜるだけで完成します!
玉ねぎ、しょうゆ、酢、砂糖、ごま油を混ぜて作った玉ねぎドレッシングがおいしかったです!

チョッパー

  • みじん切り

面倒なみじん切りが一瞬で完成します!
自分で切ると目が痛くなる玉ねぎのみじん切りもすぐに完成します!

  • フローズンドリンク

氷も砕けるほどハイパワーなので、カフェで飲むと高くなるフローズンドリンクも作成できます!
おすすめはイチゴバナナスムージーです!
コップ一杯の氷とイチゴ20g、バナナ20g、コンデンスミルク30g、牛乳100mlを入れてチョッパーで砕くと、おいしいスムージーが作成できます!

ホイッパー

  • ホイップクリーム

泡だて器が必要なホイップクリームですが、ホイッパーを使用することで作成できます!

まとめ

ハンドブレンダーの感想を紹介してみましたがいかかでしたか?

1つで5役のマルチなブレンダーは、収納スペースが少ない一人暮らしにおすすめな調理家電です!

皆さんもぜひハンドブレンダーを使って料理の幅を広げてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました